薄毛治療を始めてみよう

AGAは生活から見直すべき

AGAの原因は遺伝子や男性ホルモン、生活習慣など様々な要因から引き起こされる症状で、一度でも薄毛が始めるとそのまま進行して頭頂部と前頭部の髪の毛が抜けて薄くなっていきます。
現代の医療技術では完治することは不可能とされ、治療薬などを使用して進行を遅らせる方法しかないと言われています。
そもそもの原因は、毛乳頭にある5αリダクターゼと呼ばれる酵素が、血液から流れてくる男性ホルモンのテストステロンと結びつき、ジヒドロテストステロンに変性すると毛母細胞に侵入し、男性ホルモン受容体に結合することで、細胞分裂を抑制して髪の毛の成長を阻害してしまいます。
治療薬では5αリダクターゼを阻害することで、ジヒドロテストステロンが生成されるのを抑制しますが、治療薬の使用をやめてしまうと再びAGAが進行してしまうので、進行を抑えようとすれば生涯ずっと治療薬を使い続けることになります。
しかし、治療薬は安全とは言えず、副作用もあるので、なるべくある程度の効果が実感できたところで使用を中止したほうが良いとされています。
AGAの原因であるジヒドロテストステロンは、発汗によって体外に排出することができるので、治療薬に頼らなくても運動によってある程度の進行を食い止めることが可能と言われています。
また、食生活において髪の毛に良い食事を摂れば、発毛が期待でき、ストレスや喫煙といったものは血管を収縮させ、発毛に悪い影響を与えることから、高血圧やストレスのない生活を送ることも必要です。
こうした生活習慣を見直すことで、治療薬に頼らずともAGAの治療が可能となっています。バランスの良い食事や規則正しい生活はAGAだけでなく、健康的な身体作りにも役立つので、薄毛が心配な人は生活を見直すと良いでしょう。