薄毛治療を始めてみよう

AGAの原因や遺伝性について

AGAの原因は主に、男性ホルモンの影響や遺伝、ストレスや生活習慣などが挙げられます。
まず、男性ホルモンとAGAには密接な関係があるのですが、男性ホルモン自体が原因となるわけではありません。男性ホルモンの一種のテストロンという物質が大きく関係があります。
テストロンとは、筋肉の量を増やしたり、性欲を増進させるための作用があり、成長に不可欠な物質なのですが、テストロンと5a-リダクターゼという還元酵素が結びつくことで、DHTという物質に代謝され、毛乳頭に存在するアンドロゲンレセプターという男性ホルモン受容体に作用することで、毛サイクルの異常を引き起こし、毛が十分に成長する前に抜けてしまうという現象がみられます。これがAGA仕組みです。
AGAに関係するテストステロンはすべての人に存在しますが、個人差によって薄毛になりやすい人となりにくい人に分かれまず。
まず、5a-リダクターゼの活性が高い人と低い人がいて、高い人の場合は、DHTに代謝される量が多いため薄毛になりやすくなります。もうひとつは、アンドロゲンレセプターの感受性の高い人の場合、薄毛になりやすくなります。
これらの個人差は遺伝に関連するもので、5a-リダクターゼの活性度は両親から優性遺伝し、両親のどちらかにAGAの人がいる場合には遺伝する可能性があります。
次にアンドロゲンレセプターの感受性は、母親の家系から受け継ぐので、両親のどちらかの家系に薄毛の人がいる場合は薄毛になってしまう可能性があります。
次に、ストレスや生活習慣からも影響があります。不規則な生活をすると、髪も弱ってしまいます。
食生活が偏ったり、睡眠時間が少ない、ストレスが大きいといった場合、代謝や血行がわるくなって薄毛の進行を早めたり、ホルモンバランスの乱れを引き起こすことによってAGAが発症してしまう原因となってしまいます。