薄毛治療を始めてみよう

女性にも発生する脱毛症の予防と改善

脱毛症で悩みを持つのは男性だけでなく、女性で悩んでいる方も多くいます。
女性に脱毛症が発生する原因としては、男性と同じように生活習慣やストレスが起因している事の他に、女性ホルモンの減少が関係しています。
妊娠や出産、更年期で女性ホルモンが減少し、抜け毛が多くなり育毛や発毛ができない状態が発生してしまいます。
生活習慣やストレスからも女性ホルモンのバランスが崩れてしまう事があり、脱毛症を加速させてしまう原因となります。
過剰なダイエットで栄養が不足している状態でも体内でホルモンバランスが崩れてしまう事があります。
生活習慣としては喫煙が脱毛症の原因になることが多く、メカニズムとしてはタバコに含まれているニコチンの作用によって血管が細くなってしまい、血行が悪くなってしまいます。
血行が悪くなってしまうと、頭皮の血行も悪くなってしまい、血液を通じて毛根に栄養を与えられなくなります。
栄養が途絶えてしまった毛根は育毛と発毛ができなくなり、健康な毛髪は抜けやすくなります。
食生活でも同じ状況になる事があり、高カロリーの脂っこい食事が続くと、血中コレステロールが高くなってしまいます。
血中コレステロールが高くなると、血液がドロドロの状態になり細い血管に流れ込めなくなります。
野菜類やフルーツを中心とした食生活にすることで脱毛症の予防につながります。
予防と改善に大切なのは適切な睡眠時間を取る事で、育毛と発毛を促すために必要な成長ホルモンは夜の二十三時から二時の間に分泌されます。
その時間帯は睡眠状態に就いている必要があり、覚醒していると成長ホルモンが分泌されません。
夜は二十二時には眠れる状態にしておくことが重要です。