薄毛治療を始めてみよう

エフペシアが効かないという口コミ

AGA治療薬であるプロペシアのジェネリック医薬品の一つに「エフペシア」があります。
有効成分はプロペシアと同様のフィナステリドです。
このフィナステリドには、男性ホルモンの働きを抑制するという作用があり、元々は前立腺肥大の治療薬として使用されていたものでした。

AGAになる原因には、男性ホルモンの中でもDHTが深く関係しているとされています。
フィナステリドにはこのDHTの産生を抑制し抜け毛を防ぐという効果が期待されます。
このエフペシアを服用したことのある人の口コミサイトなどを確認してみると、服用していて効かないという人は他のジェネリック医薬品と比べると少ないようです。

AGA治療薬は、即効性があるというものではなく、またそれ単体で劇的な効果を得ることが出来るというものでもありません。
ある程度長期的に服用するとともに、生活習慣を改める必要が有ることも少なくはありません。
育毛効果のある内服薬と併用することによって、高い効果を実感することが出来る場合もあります。
フィナステリドの臨床試験は日本でも行われており、3年継続的に服用することで約80%の人に薄毛が改善したという効果が見られるという結果が出ています。

円形脱毛症を効果的に治療するためには、食生活や生活習慣の改善が大切です。
円形脱毛症になる原因を無くすことによって予防対策にもつながります。
円形脱毛症の原因として、環境ストレスが起因しているケースが多くあります。

ストレスがたまると体内では育毛や発毛に必要な亜鉛が大量に消耗されてしまいます。
毛母細胞は活動が活発で、多くのエネルギーを必要としています。
ストレスによって亜鉛が少なくなると育毛ができず抜け毛となります。
ストレスは自律神経にも作用し、ホルモンのバランスを崩してしまいます。

女性の場合は毛髪の成長に必要な女性ホルモンが減少し、円形脱毛症が発生します。
それだけでなく、自律神経が不調になることによって、血行が悪くなり頭皮の毛細血管に血液が流れなくなります。
血液が来なくなると毛根は栄養補給ができずに弱りだします。
それを防止し、治療の効果を高めるためには運動などでストレスを発散することと、しっかりとした睡眠を取る事が治療に繋がります。

円形脱毛症の治療には血行を良くすることが重要です。たばこの喫煙習慣がある場合、ニコチンの働きによって血管が収縮されてしまいます。
血管が収縮されると血流が悪くなってしまうので、治療を行う場合はたばこを控える必要があります。
食生活では過度のダイエットや偏った食事をしないようにし、栄養のバランスが取れたメニューが重要です。

過度のダイエットは栄養不足から自律神経が不安定になってしまったり、育毛や発毛に必要な栄養素を補う事ができなくなります。
偏った食事は血中コレステロールが高くなり、血液がドロドロの状態になってしまいます。
ドロドロの血液も毛細血管に流れなくなるので、野菜や果物をメインとしたバランスの良い食生活が重要です。