薄毛治療を始めてみよう

エフペシアとはAGA(男性型脱毛症)の改善に使われ、育毛・発毛を促す医薬品のことです。
脱毛の原因には男性ホルモンが大きく関わっているとされていて、男性ホルモンが多いと脱毛症になりやすくなります。
そのため、女性は女性ホルモンが多いので女性の脱毛症は男性ほど酷くないのです。
男性は年齢とともに男性ホルモンが優位になるため、髪の毛が抜けたり細くなったりします。
髪の毛の抜け方には大きく分けて2種類あり、額から抜けていくタイプと頭頂部から抜けていくタイプの人がいます。
30代~30代後半では、多くの男性が抜け毛を気にし始めています。
最近では、育毛・発毛のため早くから様々な商品を試し、脱毛症状が酷くなる前に対策を始める男性も多くなっています。

そんな中人気があるのが「エフペシア」と呼ばれる育毛剤です。
同じくAGA対策に使われるプロペシアと似ていてややこしいですが、エフペシアはプロペシアのジェネリック医薬品です。
なのでプロペシアとプロペシアは同じ成分が含まれており、効果はほぼ同じだと考えられています。
プロペシアの中に多く含まれている成分のフィナステリドには、男性ホルモンの生成を抑制する効果があります。
これにより、髪の毛が増えたり現状維持ができたりと、脱毛症の改善に効果が見られるようになりました。
プロペシアは飲み薬なので非常に手軽ですし、育毛している事もバレにくいので人気の医薬品です。
何を飲んでいるのか聞かれても、ビタミン剤と言っておけばOKです。

また、ジェネリック医薬品のエフペシアは本家プロペシアほど知名度が高くないので、より一層隠しやすいといえます。
プロペシアやエフペシアの効果が現れ始めるまでの目安は半年と言われています。
ですので、最低でも半年間は継続して服用する事が絶対です。

プロペシアは病院で処方されます。それに対してエフペシアは、個人輸入によって手に入るお薬です。
通常は1日1錠を服用し、多く飲んだからと言って早く症状が改善されたり、増毛効果がより期待できるという事ではないようです。
食事のタイミングにも関係なく飲めるので、忙しい方にもおすすめです。

円形脱毛症について

円形脱毛症は生活習慣を改善することで効果的に脱毛症治療を行う事が可能です。
円形脱毛症は環境ストレスから発生することが多くあります。
メカニズムとしては、ストレスがたまってしまうと、体内では亜鉛が大量に消費されてしまいます。
亜鉛は髪の毛の主成分のたんぱく質を生成するためにとても重要な作用をしています。
その為、ストレスで亜鉛が大量に消耗されてしまうと、育毛や発毛ができなくなります。
健康に生えている髪の毛は徐々に衰弱をして抜けやすい髪の毛へとなってしまいます。

円形脱毛症を予防し、脱毛症治療の効果を促進する場合はストレスを発散することが大切です。
ストレスは自律神経を乱してしまう働きもしてしまい、ホルモンバランスを崩してしまいます。
脱毛症の治療に効果的な方法としては亜鉛の含まれた食品を摂取するとともに、適切な時間に睡眠をしっかりとる事も重要です。
睡眠は疲労を取り除く効果と、ストレスを発散させる効果を持ち合わせ、自律神経を整えてホルモンバランスを安定させます。
育毛と発毛に大切な成長ホルモンは眠っている間にしか分泌されず、分泌される時間帯も夜23時から2時の時間帯が主体になっています。
夜は22時頃に眠れる状態にしておくのが脱毛症治療には効果的です。

生活習慣としてタバコの喫煙習慣がある場合、タバコに含まれているニコチンによって血管が収縮してしまいます。
血管は収縮してしまうと血流が悪くなり、頭皮の毛根につながる毛細血管に血液が流れなくなります。
血液が流れなくなると、毛根への栄養素が断たれてしまい、育毛と発毛が出来なくなります。
脱毛症治療を行うためには血液の流れが良くなる生活を行う事がとても重要です。

植毛のリスクとデメリット

一般的に考えられている植毛のリスクとデメリットは、頭皮に対する拒否反応です。
従来まで、植毛と言うのは頭皮に対して毛髪に似たようなものを植え込む施術方法が主流であったので、毛髪の代わりとなる人工の毛髪を頭皮に植え込むことが普通でした。
しかし、人工的な毛髪を植えると人によっては強烈な拒否反応が出て、植毛以前の状態よりも頭皮の状態が悪くなってしまうなどと言った事例が生じていたのです。
人工の毛髪は、ナイロンやポリエステルなどと言った合成繊維で作られていたので、自然で出来たものではなく完全に人工で作ったものなので人によってあうあわないが必ず存在します。
見た目上では、人工物を身体に植え込む施術であるため見方を変えれば異物を身体に埋め込んでいるのと何ら変わりがありません。

実際に、人工的な毛髪を植えることによって生じた事例としては免疫機能の障害が挙げられます。
身体の免疫機能は、身体に対して異物と判断できる物体が侵入してきたときにそれと戦う機能のことを言います。
そのため、身体に対して風邪や熱を引き起こすウイルスが入ってくるとそれと必死に戦って身体を守ってくれているわけです。
ところが、こうした免疫機能は人工的な毛髪にも反応してしまうため、入ってきた瞬間に異物と判断してそれを外に追い出そうと拒否反応が起こってしまうわけです。

これによって、頭皮の状態は悪くなってしまい、逆に髪の毛が抜けやすい環境を作ってしまうとリスクとデメリットがありました。
こうした問題点を回避するために、それ以降では自身の毛を植えるなどの自毛植毛などを開発したわけです。
これによって、近年では安全に植毛を進めることが出来るようになっています。

おすすめ記事

  • エフペシアが効かないという口コミ

    AGA治療薬であるプロペシアのジェネリック医薬品の一つに「エフペシア」があります。 有効成分はプロペシアと同様のフィナステリドです。 このフィナステリドには、男性ホルモンの働きを抑制するという作用があり、元々は前立腺肥大の治療薬として使用されていたものでした。 AGAになる原因には、男性ホルモンの中でもDHTが深く関係しているとされています。 フィナステリドにはこのDHTの産生...続きを読む

  • そもそもAGAとは何か

    AGAとはAndrogenetic Alopeciaを略したもので、男性型脱毛症のことです。20代前半の若い男性で抜け毛が進行してはげる症状のことをいいます。 頭の頭頂部や生え際、M字の形のようにはげるのがAGAの特徴です。AGAは男性ホルモンの影響を受けてヘアサイクルが乱れたことでおきます。 では、ヘアサイクルとはなんでしょうか。髪の毛には短くて細い軟毛と太くてコシのある硬毛...続きを読む

  • AGAは生活から見直すべき

    AGAの原因は遺伝子や男性ホルモン、生活習慣など様々な要因から引き起こされる症状で、一度でも薄毛が始めるとそのまま進行して頭頂部と前頭部の髪の毛が抜けて薄くなっていきます。 現代の医療技術では完治することは不可能とされ、治療薬などを使用して進行を遅らせる方法しかないと言われています。 そもそもの原因は、毛乳頭にある5αリダクターゼと呼ばれる酵素が、血液から流れてくる男性ホルモン...続きを読む